ニュース&トピックス

信州フォレストワークの最新ニュースや活動の様子をお伝えします。

第2回山仕事体験講座 「林の除伐と樹木観察」

5月25日、北アルプスの残雪がくっきり見える晴天に恵まれました。強い直射日光を避け、なるべく木陰の活動とするため、今回は広葉樹の除伐体験をしました。
1回目に続いてリピーターの方が多く、5歳の男の子もお父さんと参加してくれました。

開式の後、全員で体操、道具やヘルメットを付け身支度を確認して出発です。施業を行う現地を見ながら、除伐作業について具体的に説明しました。
込み入って見通しのきかない雑木林ですが、2時間弱の作業で見違えるようにきれいになり、光が入って明るい森となりました。
あらかじめ残す木にはマーキングをしておきましたので、わかりやすい作業だったと思います。

続きを読む »

第1回 山仕事体験講座

例年より早く桜が咲き始めた小川村で、本年度最初の山仕事体験講座を開催しました。
今年は16名の参加があり、にぎやかに里山歩きを楽しみました。桜の向こうにアルプスが見える絶好の機会恵まれ、桜見物からスタートです。

続きを読む »

スノーシューで山歩き、シカ解体の見学も

毎年恒例のスノーシュー。今年は十分積雪があるので、小川村でできました。
前日の新雪があり、深いところは50cm位あるので、スノーシューがないと、長靴の上まですっぽり雪の中となり、スノーシューの効果がわかります。

曇り空の寒い一日でしたが、子どもたちは、自由に雪原の中や森の中を歩きまわっています。
宝光院まで一周してきてちょうど12時過ぎに森もり館に戻ってきました。
ここでお昼を食べたあと、いよいよハンターの後藤さんの説明を聞きながら、鹿の解体が始まりました。

続きを読む »

飯田市で森のクラフト教室

2月9日、コープながの主催の森のクラフト教室を旧飯田錦町店で開催しました。
小川村の間伐材を山から町に運び、コープながのの会員のみなさんに、木に親しみ、木のぬくもりや香りを感じてもらうイベントです。
丸太のイスかプランターのどちらかを選んで作成しました。普段はあまりつかわない道具(ノコギリやノミなど)なので、なかなかうまくいきませんが、それでもきれいな木肌が見えてくるとうれしく、一生懸命やすりがけして仕上げました。小さなお子さんは、スタッフがついて木の車やおひなさまをつくり、色を塗ってできあがり!

続きを読む »

第6回みんなの森づくり講座を開催しました

12月6日。本年度最後となる第6回森づくり講座(絆の森サポート隊)を行いました。悪天候にもかかわらずたくさんの皆さんが参加してくれました。

年間を通して6回シリーズの最終回で、前回間伐したスギを搬出活用する体験です。
2月3月に行う「森のクラフト教室」に使う材料とするため、18cmから30cmの太さのスギを40cmに玉切りして搬出しました。
女性が多かったのですがどんどん運んでくれて、予定の80個を超える材が集まり女性のパワーを感じました。

続きを読む »

第5回「みんなの森づくり講座」開催

11月23日。本年第5回目の森づくり講座(絆のサポート隊)が開催されました。
1年を通して森林活動を体験する講座ですが、今回はそのメインイベントとも言える間伐体験です。

前回にチェーンソーの使い方や間伐の方法などを学んであり、実際に森に入って活動するのは初めてとなります。3班に分かれて、それぞれ講師のもと説明を受けながら1人1本以上を伐倒し、玉切りして整理するところまで行いました。
倒れる迫力に驚いたり、思い通りに倒れた時の気分の良さは、こころも森もすっきりしました。

続きを読む »